50歳から始める転職 | 失敗しないための戦略ガイド

*

50歳の転職活動のコツ

リクナビNEXT[人気の転職サイト]
詳細
★★★★★
多くの転職者がまずここから転職活動を始めます。情報量が多いのはもちろんのことですが、スカウト機能を始めとした便利な会員専用機能も人気の理由。登録と利用ともに無料です。
利用者の声
良かった
転職サイトと呼ばれるものを初めて活用。結論から言ってしまうと、もっと早く活用していればよかったと思えるようなものでした。リクナビNEXTは特にサービスの内容が素晴らしく、転職したいという意志をより強固なものにしてくれる、そんな内容になっているように感じます。
良かった
転職するには時既に遅しと言われてしまいそうな50歳過ぎの私でしたが、なんとか新たな出発ができるところまでこぎ着けられたのは、リクナビNEXTのお陰。一からノウハウを学び、それを自分なりに活かすことで企業に興味を持ってもらうことができたのです。
良かった
新たな挑戦を手助けてしてくれたのがリクナビNEXTです。以前とは異なる業種への転職、それが実現しました。このサイトで求人を探していただけなのに、新たに自分がやりたいことを見つけられるとは。再出発するのに最も適した転職サービスなのではと思っております。
普通
年齢や職歴なども関係なく応募者を募っている求人は多々見受けられますが、しかしそれでも50歳という年齢はハンデでしかなく、結局再就職先を見つけることは叶いませんでした。それはリクナビNEXTのせいではないと思うものの、中高年の転職には最適とは言えない現状はあるのでしょう。
普通
リクナビNEXTを使ってみて、私が実際に役に立ったと思うのは、求人を探す検索サービスではなく、有名人や転職成功者のコラム、また、転職ガイドと呼ばれるような記事です。求人ももっと幅広く網羅し内容も充実すれば、完璧なサービスとなる予感がしています。


ビズリーチ[50代はこちらがオススメ]
詳細
★★★★
無料登録後、担当スタッフがあなたと電話や直接面談でカウンセリングを行い、最適な求人を案内してくれます。こちらも完全無料!
利用者の声
良かった
エージェントはどこも登録しないと提供してもらえない非公開求人がありますから、私はそれを目的に複数のエージェントに登録しました。その中で一番非公開求人のレベルが高かったのがビズリーチだったような気がします。50歳超えの私にも複数提供してくださいました。
良かった
ビズリーチの良いところは、アドバイザーの知識が豊富なことではないでしょうか。どうやらそれぞれの業界に精通した人が担当してくれるそうです。私の場合もそうで、少し特殊な業種だったので心配でしたが、若いのに知識量の多い方が担当で助かった次第です。
良かった
50歳を過ぎるまで転職は考えておらず、そのせいでいざ検討し始めた時には何も知識がなく困惑しておりました。それを一から正してくれたのがビズリーチでした。良い印象を作るコツ、それを履歴書や経歴書、面接に至るまで教えていただき、新たな人生をスタートさせることができました。
普通
ビズリーチは、点数で言えば70点ほど。悪くはないが、このエージェントのみを使えば最良の転職ができるかと言われたら、そうでもないような気がする。結局相性もあるのかもしれないが、「まあ合格」といった評価は妥当といったところだろう。
普通
結果的に、ビズリーチを利用して転職できたので感謝はしております。しかしながら、稀にではありますが、少しアドバイザーとのやりとりがちぐはぐになったり距離を感じたりと、私がイメージしていたようなエージェントではなかったように感じてしまいました。


af9960003895l
1.予想以上の厳しさに負けないために

 2013年12月にリクルートキャリアが、「2014年度の転職トレンドは中高年だ」という予測を発表しました。実際に専門スキルを持った中高年へのニーズが高まれば、50歳で転職活動を始めるあなたの選択肢も広がる可能性があります。ですが転職市場の中での50歳の現状は、転職活動を始めればわかりますが、応募書類が何度も返送されてくるような、想像以上の厳しさに驚くはずです。50歳以上の転職はそうした現実に負けずに、やり抜く覚悟が必要なのです。

2.50歳の転職活動のコツとは?

 50歳の転職活動の第一関門は、書類選考です。面接まで進めば、あなたの人間性をアピールできるチャンスがつかめます。では、書類選考に通過するためには、どんな対策をすべきなのでしょうか。

★ここがポイント!
・職務経歴書を見直し、書き直す
・人材紹介会社を上手に活用する
・応募する求人案件を吟味する
・モチベーションを保つ努力をする

 50歳の転職活動には、応募するためのテクニックの習得と、心身のセルフコントロールのバランスが大事です。一人で抱え込まずに、相談できる相手を見つけることも、大事なポイントになりそうです。

3.職務経歴書を見直す必要性

 応募書類として提出する職務経歴書は、企業に対する、あなたの最初のプレゼンテーションツールです。自分の実績をただ羅列するのではなく、職能的にかき分けたり、そこであげた成果や得たスキルを、相手にわかりやすく書いてください。50歳ともなると、自分のスタイルに固執して、新しい職場になじめないのではないかという、不安を与えがちなものです。職務経歴書が読みやすく、わかりやすくまとまっていると、相手の立場にたって物事を考えられる人だという印象を与えられます。書き方に配慮しましょう。

プロのサポートは積極的に活用しよう!

 50歳で納得のいく転職を果たしたいと思うなら、人材紹介会社を上手に活用し、ハイクラスな求人や非公開求人、独占求人などを紹介してもらうのが得策です。複数の人材紹介会社に登録し、条件のよい求人をより多く紹介してもらい、その内容を吟味することが、満足できる転職への早道です。プロのサポートは、積極的に活用するように心がけましょう。

公開日:
最終更新日:2015/06/15